スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Planetary Annihilation Build:71544

気付いたら大分安定してきました。
そして販売価格をチェックしてみると……現在2980円!?(80$で買った奴)
ま、まぁゲーム自体はかなり面白いので、お勧めです。


Build:71544 基準

最大の特徴は、マップは一枚の平面ではなく、複数の惑星(球状のマップ)で構成されること。
惑星間の行き来はユニットを格納して移動する衛星で行い、一度建設ユニットが降下に成功した場合、ワープゲートを建造することも出来ます。
トレイラーに存在した、他の惑星めがけてユニットを打ち出すユニットキャノンは未実装

ゲーム後半となると、惑星にブースターを付けて他の惑星に突撃させたり、惑星破壊レーザーで惑星ごと吹き飛ばしたり等が可能ですが、ここまで達する前に流石に勝負がついてしまう感も。

2014-09-11_00001.jpg

ゲーム開始時の星図マップ。幾つかある中から候補を選んで降下します。
今回は惑星が5つ存在し、その内の2つは別の惑星の衛星。



システムの根底は古き良きRTSといった感じで、資源はMETAL、ENERGYの2つのみ。
METALは惑星のいたるところにランダム生成される鉱山の上に採掘施設を建てることで、ENERGYは発電機を建てることで入手できます。

資源の管理は一般的なRTSと少々異なり、PAやSCでお馴染みのリアルタイム蓄積+貯蔵の形。
一度建造した場合、秒単位で資源を入手でき、労働者を割り当てる必要はありません。

秒単位で入手できる資源に対し、消費量が上回らない限りは減ることはなく、逆に(限度はありますが)溜まり続けます。
(貯蓄限度はMETAL、ENERGY共に対応する貯蔵施設を建造すれば上限が伸びます)

また、消費量が上回った場合でも、まず貯蓄分から消費されていき、貯蓄がゼロになるまではペナルティ無しに消費することが出来ます。

Resouces.jpg

上がゲーム開始直後、下が少し経って貯蔵施設を建てた状態。
貯蔵されている資源の量と上限が大きく変わっていますが、まだ残量もあり、収支もプラスなので、EFFICIENCY(資源効率)は100%のままです。



惑星の指定した一帯(または惑星上全て)の鉱山に採掘装置を建設させる、といった手間の掛かる行動もマウスドラッグ一つで出来、
生産施設のリレーポイントをそのまま攻撃指示やパトロール指示にする事も可能なので、
自動生産や生産予約による拡張が管理しやすく、多量のユニットをコントロールする場合でもプレイヤーの負担はかなり軽めになっています。


2014-09-11_00004.jpg

建造したい範囲をドラッグして離すと…


2014-09-11_00005.jpg

自動で最適なルートを計算してくれます。これは便利。



・ちょっと問題のあるカメラ
球状の惑星表面+星間マップ+他の惑星、とアレコレカメラを移動させることが多く、カメラ関係はホットキーを覚えないと非常に手間が掛かります。

特に、未だに慣れないのが惑星表面で、"常に画面上が北"とかそういう設定でもないので、
偵察のために表面を眺め見ていると、カメラの方角がどんどん変わってしまい、非常に混乱します。



・戦闘
研究要素は無し、上位ユニットは建造物は以下の方法で製造可能に。
・コマンダー>T1製造工場>T1建設ユニット>T2生産工場>T2建設ユニット

ラッシュが非常に強力で、早く数を揃えれば簡単に押し切る事が可能。
ユニットのAIは初期に比べかなり洗練され、大量に集めても渋滞を起こしたりする事は殆ど無く、これもラッシュが簡単な一因に。

ユニットの種別はBot、Vehicle、Airの3種、それぞれに明確な利点と欠点があります。

BOT:
・安い、生産速度、移動速度共にVehicleより速い
・耐久力が非常に低い
・現時点では対空ユニットが存在しない

Vehicle:
・コストは標準的、移動速度は遅いが頑丈、攻撃力も高い
・砲塔の旋回が遅く回り込まれると手も足も出ない

Air:
・非常に移動速度が速く高価、高攻撃力
・対空手段を持たない相手には一方的に攻撃できる
・対空手段のしっかりした相手にはコスト的に不利

また、基本、Adv共に単純な上位互換下位互換は少なく、それぞれに特色あるユニットが存在します。


・建造物
各種防衛施設はPAやSCと較べて全体的に射程が短く、360全方位から攻撃を受ける可能性がある+衛星軌道にも注意をう必要がある、と、今回はシステム上完全なタートルは難しい感じです。



・グラフィック
最新のゲームとは若干見劣りしますが、光源処理やシャドウのお陰で、
のっぺりした原色のユニットも玩具の兵隊っぽくてそれなりに"味"があります。
Supreme Commander2の時もそうでしたが、個人的にはこういうの好きです。

惑星のグラフィックもかなりデフォルメされていて、現時点では木や石などの環境破壊はありません。
この辺りは惑星自体を破壊したり、大群のユニットを動かす前提からすれば仕方がない…のでしょうか。

2014-09-11_00008.jpg

画像はテクスチャ設定最大+影設定中。



・BGM
フルオーケストラ!デベロッパいわく「惑星を破壊したくなる音楽」とのこと。
迫力抜群ですが、「遥か未来に、自己複製し敵を根絶することだけを目的としたロボットたちが延々と殺しあう」という設定には少しそぐわない感じな曲も幾つか。
しかしメインテーマは文句なしの格好良さ。



・おわり
僕はTA、SCと遊んできたので文句なしでお勧め。
現在は2980円まで値下がりしているので、昔ながらのRTSが好き、な方は検討されてみては如何でしょうか。
しかし、覚えているだけでも登場から90$>80$>60$>39$>2980円と値下がりしてきているので、今すぐ買わなくてももう少し安くなる…かも知れません。

AoEなんかのように定石研究ルートなどといった小難しいことは考えず、殺人ロボットばーーーん!!どーーーーん!!核どかーーーーん!とかでも十分遊べるので、のうみそがつかれた悪の帝王もぜひ。

初期はかなりのマシンスペックを要求しましたが、現在は僕のミドルスペックPCでも問題ない程度の重さです。


以下はまとめたくてもまとめきれなかったクソの山達:
大丈夫?ニャントロ星人のどうでもいいメモだよ?

-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
●コマンダー
どいつもこいつも絶妙に胡散臭くて素敵。
高額バッカー特典の多脚コマンダーが格好良いのですが、ショップで一個15ドルは無いぜハニー…。
Spider of Meanを除く多脚コマンダーを3種を集めたデジタルデラックスパックなるものが2480円、
当然スチームアルファ組はもらえません。どひゃー。

2014-09-07_00002.jpg

Osiris以外にも公式で多脚コマンダー出てこないかな。



●ボット
ピコピコ、声がついて、可愛くなったピコ。
安い、(生産速度と足が)速い、脆いと三拍子揃ったユニット達。
車両相手には数の暴力でぶつかるか、機動力を活かして挟撃したりしない限りあまり勝ち目はありません。
また、対空ユニットも存在しないため航空機にも手が出ません。

とにかく大量生産!速さを活かして2方向攻撃や資源ハラス!が主な戦略。

・DOX(歩兵ボット)
みんな大好き殺人ロボット。アップデートログを見た限りだと、水陸両用になったようです。
効率100%なら数秒で生産完了するので、ギャラクティックウォーのCPU相手ならこれのラッシュで終わるほど、
射撃は直射なので、入り組んだ場所での戦闘は苦手。恐ろしく脆いので範囲攻撃も苦手。

・Grenadier(砲撃ボット)
3本足のニクイ奴。
生産速度と足の速さはDOXには負けますが、山なりの弾道で飛ぶグレネードを2発発射するので火力は高め、
射程も中々長く、射線を気にする必要も薄いので、機動力を活かして車両の周りをぐるぐる回りながら砲撃すると相手は死ぬ。

・Combat Fabrication Bot(支援ボット)
BIGD○G
地雷が置けます。周囲の損傷した建物とユニットを高速で自動修理してくれます。
自動修理はあっさり死ぬボットには効果が薄いので、基本的には車両とチームを組んだ時向け、
相手に積極的に狙われるとあまり意味がありませんが、オートバトルの際はかなり効果的です。



●車両

・Inferno
火炎放射戦車、近づけばかなりの損害を与えられ、密集しているボットや施設にかなり効果的、
足が非常に遅いので、いくら装甲が厚いとは言え、戦車なんかに正面から突っ込むのは得策ではありません。

・Spinner
対空車両、このゲームの初期固定対空砲はコストの割に射程が短く、移動できる本機がかなり重要です。
爆撃機は地上ユニットの天敵なので、生産できる場合は忘れずに。


●航空機
(今の所)燃料の概念が存在しません。やったね!!好きなだけ飛び回れるよ!
空軍は数少ないAA以外は手を出すことすら出来ない上、AAユニットは地上戦では完全なお荷物なので、確実に相手の軍備にプレッシャーを与えることが出来ます。

逆に、対空のしっかりした基地や部隊には高価な航空機がポンポン落とされるので要注意。

・Bumblebee(爆撃機)
AoEの高威力爆弾で絨毯爆撃する形に変更されていました。ボットの群れに打ち込むと死ぬ。
効果範囲がそれなりに広く、周囲で作業中のワーカーもろとも吹き飛ばしたりできるのでえげつない感じ。

・Kestrel(Adv ガンシップ)
武装ヘリ。空中をホバリングしながら目標に張り付いてレーザーを連射します。
AAに対してもある程度の耐久力があり、爆撃機の苦手な移動目標の対処に向いています。

・Hornet(Adv 爆撃機)
航空機としては鈍足なものの、非常に高威力なミサイルで武装しています。
Bunblebeeの様に目標上空を飛行する必要はないので、鈍足とはいえ攻撃自体は


●防衛施設
TAの頃の【迫撃砲の射程圏内に新たな迫撃砲を立て、その射程圏内に新たな~】と言った戦法は通用しなくなっています。
守ったら死ぬ、攻めろ。

・AA
値段の割には対空車両とどっこいどっこいの性能。しかも目標には攻撃不可。
爆撃機の攻撃には1~2回は耐えれるのでそれが良いところ。

・AA(Adv)
射程は相変わらずだけど、即着弾+高威力でビシビシ航空機を落としてくれる。惚れる。

・Light Laser Turret
安価かつ手早く作れて、ボット相手なら善戦できるので、序盤の突然のラッシュの際には思わぬ活躍を見せることも。
直射なので工場の残骸越しには当たらない事も。

・迫撃砲
わりかし短射程、低威力、それなりの攻撃範囲と連射速度。
基本的にはこれだけで迎撃は出来ず、突っ込んでくる敵の大群を削るのがせいぜい、
敵の基地周りとかに作っておくと嫌がらせ位は出来るかもしれない。

・Catapult(Adv)
短射程ながら高威力+高誘導の曲射ミサイルをそれなりの速度で連射する砲台。
曲射というのがミソで、基地のデッドスペースに詰め込むように置くことが出来る、
…しかし、威力は高いけど範囲攻撃ではなく、当たり判定はミサイルのみ。ラッシュは苦手。

・Adv迫撃砲(Adv)
小さい惑星であれば半分をカバーするほどの超射程+高威力がウリ。
しかし連射速度が低く、砲塔の回転速度も非常にゆっくりなため固定目標向き。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Melnik/ニャントロ人

Author:Melnik/ニャントロ人
西洋かぶれのDTM宇宙人がアレコレするブログ。

ニコニコ動画
クレオフーガ
Twitter

所属サークル:チームベアハッグ
BOOTH(DL販売)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
サークル広報
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。