スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近遊んだPCゲームとか

最近遊んだゲームとか色々。
(安くなってる関係上)一昔前のゲームとアーリーばっかりです。多分ネタバレ注意。 ・The bureau:XCOM Declassified

XCONシリーズですが、TPS+冷戦時代ということであまり食指が動かず、
HumbleBundleに収録されたこのタイミングで購入に。

ストーリーは何度か"これで最後か?"と思わせつつ大きなどんでん返し、常に予想外の展開で面白いのですが、
基地パートのダルさや、取ってつけたような選択肢、度々情報不足でストーリーについていけない等、
細かい部分が気になります。しかし、ゲーム全体を通して見ると非常に魅力的かつ引き込まれるゲームプレイでした。

カーターのハードボイルドな雰囲気と、最後の急展開で絶対にこいつがラスボスだろうと思っていたのに…(笑)

EUとはまた異なった、冷戦時代をベースにした風景や基地の作り込み、
胡散臭いバックパックやエイリアンの武器等は実に素晴らしく、
あちらとはまた違った「終末感」と「チープさ」が(良い意味で)漂います。


XCOM:EUとのストーリー上の関係は期待していた程は無く、ほとんど敵キャラ名を借りてきたスピンオフ、という感じ。

EUのアウトサイダーエイリアンとの関係は、何故アウトサイダーがミュートンやセクトイドを引き連れているのか、
と言った辺は(自分がプレイした限りでは)確認することが出来ませんでしたが、もしかしたらチェックし損ねた報告書があったのかもしれません。
一応、エンディングでEUに繋がるような描写は見られるのですが、本当にファンサービス程度。


隊員のAIやレベル上限、ビルド幅の低さ+連れていける人数の少なさがちょっと不満。
しっかり自己判断で戦ってくれるのですが、隊員への命令にフォーカスした本作から見ると命令無視が気になります。
また自分の場合、メインミッションの激戦具合+長さを考えるとあれこれ編成を工夫する余裕も無く、結局お気に入りの組み合わせに落ち着く形に。


設定に関しては割とテキトーで、「エイリアンの武器は持ち主が死亡したら自動で消滅する」という設定が本編で語られるにも関わらず、
中盤以降、プレイヤーがエイリアンの武器を使用できるようになると何故かその場に無傷で残り、ガンガン弾を回収出来るように。
(この辺はゲーム性との折り合いなのでしょうが、EUで散々アークスロワーを使いまくった者としてはやはり気になります)


設定の奇天烈さやプロットは確かに魅力的ですが、それ以上にTPSとしては少々しんどい箇所も垣間見えるので、
結局、自分の評価も多くの方と同じように、「フルプライスで買うのは厳しいけれど、今はがくりと値下がりしてるから安くなった時に買えばいいんじゃないかな」と言う物に落ち着きました。


・Spec OPS -The Line-

Bureauと同じバンドルに入っていたのでプレイ、TPSは基本的に未チェックなので前情報ナシでのプレイでしたが、
"何をしたって救われない、基本的に選択に意味は無く常に最悪な方向に進む"ストーリーはとても面白かったです。

メインのプレイ時間は6時間ほど、少々物足りない感じもありますが密度はかなり濃い目。
Bureauの後にプレイしたのですが、これに全部持って行かれた感じ…(笑)

ポストロックなBGMが全体を通して救いのないストーリーにマッチしており、
特にコンラッドとのやり取りでのこの曲、非常に印象深い曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=dHiZJ5r5jlE

しかし、ゲームは一本道、プレイヤーは散々非難されつつも敵を皆殺しにしながら進むしかありません、
ここは多分、好みが大きく別れるのでは無いでしょうか。

個人的に面白かったのは、ストーリーが進む事に主人公たちの声が鬼気迫る、怪物の様な声になっていく事。
狂気に満ちた滅びたドバイの風景、美しゅうございました。


・RimWorld

Alpha4を遊ぶ。
Alpha3は完全に放置してたので様変わり振りにびっくり、日本語ローカライズもあり、アルファですがかなり遊べます。

しかしAIストーリーライター(ランダムイベントを起こすTRPGで言うGMみたいなAI)によっては中盤以降の難易度上昇が酷いことに。
何回かプレイしてわかったのですが、早めに交易体勢を整えて武器を揃えるのがキモっぽいですね、

包囲戦は今の所、敵が焼夷迫撃砲しか使ってこないのでなんとか耐えれていますが、これ普通の迫撃砲使われたらストレスマッハな予感。
かなりの人数で降下してくるため、普通に入植者を送り込むのは間違いなく危険、
数日間お互い迫撃砲を撃ちあいさえすれば、(A4だと)相手が根負けして精神崩壊状態になって逃げ出してくれます。

Alpha3で追加されたメカノイド、これは今の所どうすればいいのかよく分からず。
M24だとメカノイドが装備する武器の射程外から攻撃出来る+現在は撃たれても反応しない(?)為、
こちらの基地を目指すタイプでない場合はM24でチマチマ狙うのが良いと思います。


・Planetary Annihilation

ランダムマップ形式で銀河を彷徨いながらコマンダーを強化していくGalactic Warなるソロプレイが追加されたり、
死ぬほど重かったグラフィックや、アレなAI、UIもかなり洗練され、普通のRTSとしてそれなりに遊べる出来になってきました。

Steamでも大分安くなりましたが、唯一遊べる相手だった友人はPWを忘れてログイン不可、
そういう訳で、思い出したようにCPUをメコメコにして遊んでいます。

現在、シングルモードは4ファクション存在するのですが違うところは名前と色のみ、
ファクションは何種類か作る~、的な事が書いてあった筈ですが、このまま色変えだけで終わるのかな…?

面白いRTSではあるのですが、やはりオススメはし難いゲームです。本当に"Total Annihilation"が好きな人向け。


・Stone Hearth

キモとも言えるビルディングエディタが追加されましたがまだまだAlpha、テックデモな感じです。
ここや、Sppace Engineerの開発なんかは毎週ブログを更新したり、アップデートしてくれたりするので安心感が持てます。


・Space Engineer

毎週アップデートが楽しみだけどアンチウィルスがexeをウイルス扱いするし、遊ぶ相手も時間も無いのでエンジニアへの道は遠い。
ぼっちなのでNPCやAI制御の船なんかが出てくるまではスレ見つつ放置でいいかなーと思わなくも。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Melnik/ニャントロ人

Author:Melnik/ニャントロ人
西洋かぶれのDTM宇宙人がアレコレするブログ。

ニコニコ動画
クレオフーガ
Twitter

所属サークル:チームベアハッグ
BOOTH(DL販売)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
サークル広報
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。